ごあいさつ

 

理事長 濵下かおり

日頃より、当法人の活動に対しご利用者様をはじめ、各施設、地域の皆様方には暖かいご支援とご協力を賜り心から感謝申し上げます。

このたび2018年12月に理事長に就任致しました濵下です。これまでも副理事として運営に携わって参りましたが、これからは一層身を引き締め地域に根ざした法人活動を営んでいく所存です。

NPO法人こころ・コミュニケーションの発達支援は設立から6年目を迎え、指定障害児通所支援事業所「まいすてっぷ」に続き、昨年度は新事業所「まいすてっぷKids」を宇土市に開所致しました。両事業所ともに、法人設立趣旨に基づき、スタッフの専門性をさらに向上しながら一人一人の子ども達の理解を深め、地域でより良い生活を送っていくための橋渡しができるよう努力していきたいと思っています。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

経歴

熊本県こども総合療育センターに9年間勤務後、重症心身障害児施設江津湖療育園(現くまもと江津湖療育医療センター)リハビリテーション科に非常勤職員として勤務。その後、メディカル・カレッジ青照館(リハビリテーション専門学校)言語聴覚療法学科専任教員として入職。熊本県八代児童相談所言語相談員、天草市教育カウンセラーなどを経験し、2010年にことばの教室「まいすてっぷ」を個人事業として宇土市に開業。2012年に、児童発達支援・放課後等デイサービス「まいすてっぷ」を熊本市富合町に開所し、2013年には宇土市へ移転、現在に至る。

資格

小学校教諭、旧聾学校教諭、言語聴覚士、児童発達支援管理責任者

 

理事 まいすてっぷ管理者 平岡智歌子

2013年11月、児童発達支援事業所「まいすてっぷ」を宇土市に開所して、早いもので6年目を迎えました。当初より通っておられるお子様も小学校へ入られたり、卒業、就職などそれぞれに成長され、本当に嬉しく思っています。

通所のたび、スタッフを驚かそうと忍び足で部屋に入ってきて「わぁーっ!」と大声を出す元気な男の子、一生懸命造った物をスタッフに見せたくて、大事そうに抱えて持ってくる子、何ごとかあったのか、慎重な面持ちで部屋に入ってくる子、「まいすてっぷ」には、それぞれにいろんな思いで来ておられます。

一緒に来られる保護者さまも療育の間、気分転換にお買い物に行かれたり、保護者様同士待合室でお茶会をされ、宴会さながらのおしゃべりで楽しまれたり、情報交換をしたり、先輩お母さんに相談されたりと様々です。時には若いお母様がお子様に対し、上手なかかわり方をされているのに感心し、私どもが学ぶこともあります。

大切なお子様のこころとコミュニケーションの発達を、保護者様と一緒に考え、共に成長を喜んで行きたい、保護者様に寄り添い、お手伝いをこれからもさせていただきたいと思います。これからも、NPO法人こころ・コミュニケーションの発達支援をよろしくお願いいたします。

資格

児童指導員(強度行動障害支援員)

 

まいすてっぷKids管理者 岩本由紀子

経歴

熊本県こども総合療育センター、熊本県福祉総合相談所

資格

言語聴覚士、児童発達支援管理責任者